忍者ブログ
島根県のハードコアパンクバンド、ヤンキー少女、改めSOFT、改めストーナーロックバンドPOSTOVOIのボーカルjunkieの公式ブログ!!!
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「飛ぶ教室」はやっぱり良いまんがだった。最初は「気まぐれ☆オレンジロード」直系の「気まぐれ☆」タッチな軟派な展開にビビッて早くも拒絶反応が出る(いまのジャンプ主力作家陣がうすた京介先生の猿真似しか出来ていないのと同じだ。あいつらのまんが、20年後読んだらぜったい寒い)が、再読してみると慣れもあってより如実に作品の肉感がわかる。というか、ひらまつ先生は普通に絵がうまいね。ストーリーテリングというかマンガ的な物語作りの手腕においても、2巻の巻末に入っていた読み切り版「飛ぶ教室」を読んでみると普通に安定したセンスのある作家だったことがわかる。「気まぐれ☆」な感じは完全に編集部の介入だろうね。専属制度の毒牙にかからなければハッスル拳法とかで作家生命を終えることもなかっただろう。オサムのような文学少年ちょっとマザコンよりみたいな主人公像はどちらかというと萩尾系の少女マンガっぽいので、核は核でもモヒカンとマッチョが男根主義的社会を築いていた当代ジャンプ誌上では絶対にあり得なかった。それを考えるといかにレジスタンスな作品であったか、結局オサムは彼女とデレデレしてたいして人間的に成長するわけでもないし相変わらずダメ人間(ある意味ではのび太的)だけどやっぱり先古典的な「神」的視点における物語ではあり得ない救済のされ方をしている意味でこれはのちの安達哲先生の傑作「さくらの唄」の市ノ瀬クンに通ずるものではないのか。もっと評価されていいよこのマンガ。

ところで、もっとも言いたかったのが、この作品でドラマ的にも圧倒的な磁場を持つ北川先生、これって「ロング・ラブレター」の結花さんの原型じゃないのか?このマンガ自体「漂流教室」の亜流として広く認知され、あのドラマの脚本の大森さんが30代くらいと(勝手に)推定するとリアルタイムで読んでいる可能性もあるわけで、あながちないとは言えない、いや、ていうかこれはほぼ確実でしょう。とにかく絶望的な状況下でわずかな良識ある大人(どっちかというとモラトリアム過渡したばかりの若者)がこどもたちの支えになる、というシチュエーションはあんまないよねぇ。

まあ、あらゆる意味でエポックメイキングなこのマンガ、ほんとに良いです!!!みんな読んで!!!

あと、「ロング・ラブレター」に関しては以下のサイトが良いです。無断リンクします。
http://derutcarf.fc2web.com/sekiya/
サブドメインが「sekiya」ですぜ?

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
Twitter
junkie uses Twitter

最新コメント
[10/27 Sandra]
[10/15 ブランドコピー]
[10/13 Andrea Gibson]
[09/28 偽ブランド 通販]
[09/27 Sarah Carlson]
最新トラックバック
(12/18)
バーコード
プロフィール
HN:
junkie
性別:
男性
自己紹介:
島根県のハードコアバンド、ヤンキー少女改め、SOFT、改め爽やかJ-POPデスメタルバンドPOSTOVOIのギター・ボーカルです。

バンドとは別にソロプロジェクトとして、チップチューン・デス・メタルを追求するF.O.D(Fuck or Die)をはじめました。MySpace

メールはこちら
ブログ内検索
カウンター
カウンター
最近のお気に入り
FLEETWOOD MAC "MR. WONDERFUL"


EARTH "EARTH 2 -SPECIAL LOW FREQUENCY VERSION-"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME ONE"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME TWO"


BLUE CHEER "VINCEBUS ERUPTUM"


MELVINS "LYSOL"


SIGH "GALLOWS GALLERY"



伊東美和 「ゾンビ映画大事典」



「悪魔のいけにえ」


「バッド・テイスト」


「愛のむきだし」


「マーターズ」
忍者アナライズ
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]