忍者ブログ
島根県のハードコアパンクバンド、ヤンキー少女、改めSOFT、改めストーナーロックバンドPOSTOVOIのボーカルjunkieの公式ブログ!!!
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

月曜日、ヤンキー少女の定期練習。
この日はおれが(いつものように)遅刻、尚、途中離脱しなければならないという時間上の制約に加えて、ギターのナットが欠けるという重大事故にも見舞われ、クオリティとしてはとても課題の残る内容の練習だった。あと、ブルース・ドライバーをセカンド・ドライヴとして最近から使い始めているが、これも使い方の難しい機材である。ダウン・ピッキング向けの分離しないコード・ストロークが欲しいんだけどね、程よいヒズミで。この程よさが微妙な問題なのである。てゆうか、ヤンキー少女では過剰過ぎるようなヒズミでやっと程よいというレベルであり、個人的にはブルーズ・ドライバーくんにはもっと盛大に爆裂してほしいのである。

その日はS田さんと、音楽についての話をする。とても密度の濃い話。正直、S田さんがここまで徹底した相対主義者であるとは思わなかった。面を洗って出直してこなければならないのは、おれの方かもしれない。
「音楽には何も期待していない」
「基本的にギターやエフェクターはノイズを出すための道具」
という、おなじみの持論を展開するが、S田さんはただ一言、「それでも良いよ、ぜんぜん」と総てを許容するのである。この言葉は、救済の護法であるかのような気もするが、ともすれば更なる孤高の突端へと追い詰める必殺の文句でもある。結局、唯我論の混沌から何も答えを示さない、私的言語の限界を知らねばならない。

結局、S田さんとおれに共通しているのは、「ゲイジュツなんてするな!」ってことなのかもしれない。
わたしは総てのサブ・カルチャーを信じない。わたしは総てのカルチャーを信じない。わたしは総ての音楽を信じない。
このまえ、Y内さんやF田さんと話していた、もはやヤンキー少女の音楽を語る上では欠かせない「パッケージ論」を思い出して、パッケージの飽和から抜け出す手管とは結局、唯我論に過ぎないのではないか、という気になった。
S田さんの場合は、徹底して選択主体の自分が中心の唯我論であり、それが総ての芸術的な(この言葉を使った時点で、芸術はパッケージの彼岸へと追いやられるのだが)営為を救済している。
対して、おれの場合は、選択主体としての自分が選択する、その選択自体がもはやパッケージに汚染されていて、パッケージを隠蔽し続けることを予め放棄して、選択主体としての自らすらをパッケージ化してパッケージの混沌の中へと身投げしようとしている。それが圧倒的に無様でカッコ悪くて、どこまでもコマーシャルで自己本位な「ゲイジュツ」という名の詭弁、「ゲイジュツ」という名の権力者の装置を肯定するのである。おれはいま、そう考えている。
どちらも正しいような気がする。が、そのどちらも答えでないような気もする。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Twitter
junkie uses Twitter

最新コメント
[10/27 Sandra]
[10/15 ブランドコピー]
[10/13 Andrea Gibson]
[09/28 偽ブランド 通販]
[09/27 Sarah Carlson]
最新トラックバック
(12/18)
バーコード
プロフィール
HN:
junkie
性別:
男性
自己紹介:
島根県のハードコアバンド、ヤンキー少女改め、SOFT、改め爽やかJ-POPデスメタルバンドPOSTOVOIのギター・ボーカルです。

バンドとは別にソロプロジェクトとして、チップチューン・デス・メタルを追求するF.O.D(Fuck or Die)をはじめました。MySpace

メールはこちら
ブログ内検索
カウンター
カウンター
最近のお気に入り
FLEETWOOD MAC "MR. WONDERFUL"


EARTH "EARTH 2 -SPECIAL LOW FREQUENCY VERSION-"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME ONE"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME TWO"


BLUE CHEER "VINCEBUS ERUPTUM"


MELVINS "LYSOL"


SIGH "GALLOWS GALLERY"



伊東美和 「ゾンビ映画大事典」



「悪魔のいけにえ」


「バッド・テイスト」


「愛のむきだし」


「マーターズ」
忍者アナライズ
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]