忍者ブログ
島根県のハードコアパンクバンド、ヤンキー少女、改めSOFT、改めストーナーロックバンドPOSTOVOIのボーカルjunkieの公式ブログ!!!
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。






言論騒然のボリスの「スマイル」。

個人的にもだいぶ踏ん切りがついてきたので、ここでひとつ、「わたしがボリスに求めるもの、パラメーター」を作成してみる。

量的な評価とは本来評価ではありえない。なぜなら、総ての評価は総ての数値に対応され得るから。だから、これはあくまで脳内ワンダーランドの中のクワス関数的な抽象的な概念図であります。

1) 暴力的だし凶暴だし残虐だし(音的なスプラッター性) 10000000000000000
2) 轟音だしなんかサイケだし日本のヘヴィサイケの伝統だし 1000000000000000
3) 日本人的な鬱陶しさ(抒情と寂寥、そして激昂) 1000000000000000000000000000000000

その他、「なんか国内外の地下世界とつながりがあるから」というパブリシティ、ポピュラリティの低次元なパラメーターもございます。これは、アプローチの初歩としてはある程度は重要です。ボリスの場合は実際の音もよいので、名前負けしてない。

1)、2)についてはストーナーやスラッジ性のクオリティならもっと別のところで満足を得ている、という人もいると思うし。ボリスのドローンはまだ甘い!て御仁もおられるかもしれないし。しかし、当然、実際、ボリスはトップクラスの轟音バンドである(であった)。

結局のところ肝心なのは3)の「鬱陶しさ」。これは、ハッキリ言うと「繊細さ」という利己的な言葉にも置き換えられようが、まあ、そういうことです。日本人特有の鬱陶しさ。ボリスは人を殺せるほどの大轟音と同時に、鬱陶しさをも撒き散らせる稀有な殺戮マシーンなのであります。わたしにとっては、そういうバンドです。

さて、「スマイル」に話を戻すと、「君は傘をさしていた」がなんと素晴らしい曲で、しかし当のトラックは潔癖すぎるほどの抗菌ぶりで、そこがジレンマだが、しかし、鬱陶しさ全開の素晴らしい曲であることに違いはない。この曲を持ってくるためにアルバム全体がこういう感じになった、と考えれば合点行くかも。行かんか。

声がする 深いところ 君を探そう
声がする 見つけたら 夢を果たそう
この目をツブレそうさ ツブレそうさ

でも俺は普通のボリスが聴きたかったさ、普通の。スマイルはそんなんじゃなかったことは確か。良いか悪いかは別にして。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Twitter
junkie uses Twitter

最新コメント
[10/27 Sandra]
[10/15 ブランドコピー]
[10/13 Andrea Gibson]
[09/28 偽ブランド 通販]
[09/27 Sarah Carlson]
最新トラックバック
(12/18)
バーコード
プロフィール
HN:
junkie
性別:
男性
自己紹介:
島根県のハードコアバンド、ヤンキー少女改め、SOFT、改め爽やかJ-POPデスメタルバンドPOSTOVOIのギター・ボーカルです。

バンドとは別にソロプロジェクトとして、チップチューン・デス・メタルを追求するF.O.D(Fuck or Die)をはじめました。MySpace

メールはこちら
ブログ内検索
カウンター
カウンター
最近のお気に入り
FLEETWOOD MAC "MR. WONDERFUL"


EARTH "EARTH 2 -SPECIAL LOW FREQUENCY VERSION-"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME ONE"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME TWO"


BLUE CHEER "VINCEBUS ERUPTUM"


MELVINS "LYSOL"


SIGH "GALLOWS GALLERY"



伊東美和 「ゾンビ映画大事典」



「悪魔のいけにえ」


「バッド・テイスト」


「愛のむきだし」


「マーターズ」
忍者アナライズ
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]