忍者ブログ
島根県のハードコアパンクバンド、ヤンキー少女、改めSOFT、改めストーナーロックバンドPOSTOVOIのボーカルjunkieの公式ブログ!!!
[67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57
鬼ちゃんのレコメンドでロシアの前衛演劇バンド、ZVUKI MU(ズヴーキ・ムー)をyoutubeで視聴し、遠大なるロシア音楽に激しく開眼する。是が非でもCDが欲しい。ピョートル・マモーノフのパフォーマンスはまさに限界突破の「パンク」だとしか言いようがない。しかし、日本国内では在庫がないようだね。

ロシアという土壌は音楽的にはどのような風土なのだろうか。
詳しくはわからないし、何しろ東西に伸びる大陸であるために極東とEU付近では大きく文化は違うだろう。歴史的にもアジアとの混血が非常に進み、ヨーロッパともアジアともつかない奇形的なアートが数多くある国。
さっき試みにロシア音楽を扱う国内サイトで調べてみたら、ロシアで主流のフォーマットはCD(MP3)というものらしく、どうやらMP3形式で大量に音源をぶっこんだコンテンツらしい。そしてラインナップを見ると、ニック・ケイヴがビートルズと同列で取り扱われているのである。ちなみに、前述のZVUKI MUはロシアではかなりのポピュラリティを持ったバンドであるらしい。たとえるならロシアのキング・クリムゾンと言ったところだろうか。西側にはブライアン・イーノによって大々的に紹介された。
そういえば、Y内さんに「NO NEW YORK」を以前お借りしたんですけど、あれは確かロシア盤でしたね。ライナーノーツがキリル文字だらけ(笑)。


ロシアの音楽が聴きたい・・・。
この欲求はもはや留める術がない。
しかしZVUKI MUのCDは容易には手に入らない。他のロシアンロックは・・・?いろいろ調べてみると、こういうバンドが引っかかったよ。



Sonicflyer(ソニックフライヤー)。
活動拠点はUKだがメンバーはロシア系のようで、兄妹バンドらしい。メンバー名にはそれぞれ「Sonic~」と接頭辞がつくところがパンクっぽいが、音はぜんぜんさわやかポップ。すごいかわいらしいギターポップで、むしろネオアコと言っても良い。いやしかし、かわいいですね。ルックスもそうだけど、音が。
さっきうっかり「活動拠点はUK」と書いたが、詳細はわからないんだよ。公式サイトは見当たらないし、拾えるオフィシャルのソースはMySpaceくらい。音源は今年の1月に4曲入りepを出したのみで、それ以降のアナウンスはなし。MySpaceには本拠地はロンドンとある。だからメンバーはロシア人だがUKで活動している英語詞ギターポップバンドなのだろう。たぶん。
わたしはブリットポップなんかカスだと思っている。むしろ死ねとさえ思っている。ああいうのを持ち上げている人間も同様に死ねばいいと思っている。毒を抜かれた飼いならされた音楽だとしか思えない。あれを聴いて何か感じたと思っている奴はロッキングオンの読み過ぎが、もしくは単純にアホである。個人的にフェイバリットにブリットポップのバンドを挙げている人間の言うことは絶対に信じないことにしている。日本ではラジオ頭が大人気だが、そのせいで日本の音楽は大きく停滞したと考えているくらいだ。
しかし、このSonicflyerは、具体的にどこがどうそういうクソと差別化できるか、と言われれば言葉に詰まるのだけど、ただ単に毒を抜かれただけの音楽にはわたしには思えない。今年のフジロックには来ないんだよね?良かった。年端のいかない新人バンド(特にUKの)が苗場にいくと腐れロッキングオンにトロールされる、とわたしは考えているので。
いわゆるギターポップと言うバンドを見ていて思うのだが、最近のギターポップの「ギター」の足元には常にディストーションがありブースターを噛ませてある。まるで免罪符のように歪みを多用する。それで誰かを欺けるとでも考えているのだろうか?パンクからアプローチした人間なら一発でわかるが、そうでない人間は思わずそれが「毒」だと取り違えてしまう。嘆かわしいことである。こういうのを普通は「詐欺」と言うんだが。
Sonicflyerの何が良いというと、やはり単純に「うるさくない」ことである。この違いは重要である。

まあいいや。
停滞した文化と言うのは第三者からの新たな介入によって原点回帰し、時にそれが新たな文化を産む。文化衝突の大いなる意義である。Sonicflyerはロシア人であるが、ハッキリ言っていまのイギリス人の何百倍もギターポップをわかっている。わたしにはそうとしか思えない。

フルレングスがいつ出るかはわからないし、出るかどうかも定かでないが、とりあえずepは買っておこうかな。もしかしたらフルレングスの1曲目でヴォーカルの女の子がケイティ・ジェーン・ガーサイドよろしく「FUUUUUUUUUUUUUUUCK!!!!!!!!!!!!!!!!!」と叫んでいるかもしれないしね。そういう予感がなんとなくするんだよ、このバンドは。

とりあえず、ZVUKI MUのCDが欲しいです。ウニオンにもないんじゃ、いったいどこで手に入れればいいというのか。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Twitter
junkie uses Twitter

最新コメント
[07/15 Targeted website visitors]
[06/29 Amber Stevens]
[06/21 Amber Stevens]
[06/09 Amber Stevens]
[10/27 Sandra]
最新トラックバック
(12/18)
バーコード
プロフィール
HN:
junkie
性別:
男性
自己紹介:
島根県のハードコアバンド、ヤンキー少女改め、SOFT、改め爽やかJ-POPデスメタルバンドPOSTOVOIのギター・ボーカルです。

バンドとは別にソロプロジェクトとして、チップチューン・デス・メタルを追求するF.O.D(Fuck or Die)をはじめました。MySpace

メールはこちら
ブログ内検索
カウンター
カウンター
最近のお気に入り
FLEETWOOD MAC "MR. WONDERFUL"


EARTH "EARTH 2 -SPECIAL LOW FREQUENCY VERSION-"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME ONE"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME TWO"


BLUE CHEER "VINCEBUS ERUPTUM"


MELVINS "LYSOL"


SIGH "GALLOWS GALLERY"



伊東美和 「ゾンビ映画大事典」



「悪魔のいけにえ」


「バッド・テイスト」


「愛のむきだし」


「マーターズ」
忍者アナライズ
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]