忍者ブログ
島根県のハードコアパンクバンド、ヤンキー少女、改めSOFT、改めストーナーロックバンドPOSTOVOIのボーカルjunkieの公式ブログ!!!
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

attack_of_the_killertomato.JPGさて、今回はいよいよ自分映画史の恥部、最底辺のダークサイドへと自ら踏み込むこととなる。さっきアマゾンで調べてみたら、なんとマテリアル満載でコレクターズエディションDVDが発売されているではないか!「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」が500円で買える世の中でこんな映画に3000円も払わせようと言うのか。狂気の沙汰としか思えない悪いことは言わないから、この映画だけは観ないでいい。

日ごろお世話になっている最低映画館さんの名文がすべてを物語っている。無断で引用させていただく。


 
「高校3年生の頃、『殺人トマトの襲撃』というくだらねえ映画が存在することを知り、その海賊盤が渋谷のレンタルビデオ屋にあるとかで、早速借りてきて観た。
 くだらねえ、くだらねえ。本当にくだらねえ。
 ちょっとは面白いかと期待したけど、くだらな過ぎて呆れてしまった。だけど、アメリカではカルトだという。この程度でカルトになるアメリカという国は心底バカだと思った。」


なぜ島根の片田舎の小学生がこのような映画を観ようと思ったのか。
実は、一度NHK BS=2の午後8時からの映画枠で、この作品を正続含め4部作総て連日放送したことがあったのだ。あ、言い忘れたけどこれ4部作なんですよ。それにしてもNHKはいったい何の絡みでこのBOMBのゴールデンタイム放流を敢行しなければならなかったのか?!ある意味ではエポック・メイキングな作品として、資料的な価値はあるかもしれないが(でも、古今の大作を羅列してバカにするってそんなに珍しいやり方か?)、ただ単にトマトが写ってるだけの映画だよ?NHKってつくづくバカだと思う。コーマン映画やマカロニ系ゲテモノや最近のジョン・カーペンター作品に対する「懐の深さ」とは到底レベルが違う。あれも確信犯だが、こちらは確信犯と呼ぶには何かが決定的にズレている。
この映画を観ると失笑を通り越して悲しみが去来する。映画というものそのもののくだらなさと、映画と言うものに興じる人間の性のようなものを感じてただただ切なくなる、泣きたくなる、死にたくなる。
おれはこの映画を機にジャンク・ムービーの呪縛からついに脱却したのだった。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
junkie uses Twitter

最新コメント
[09/20 Sarah Carlson]
[09/15 nike kaishi size 5 5]
[08/27 Sarah Carlson]
[08/12 Ann Weaver]
[07/13 Ann Weaver]
最新トラックバック
(12/18)
バーコード
プロフィール
HN:
junkie
性別:
男性
自己紹介:
島根県のハードコアバンド、ヤンキー少女改め、SOFT、改め爽やかJ-POPデスメタルバンドPOSTOVOIのギター・ボーカルです。

バンドとは別にソロプロジェクトとして、チップチューン・デス・メタルを追求するF.O.D(Fuck or Die)をはじめました。MySpace

メールはこちら
ブログ内検索
カウンター
カウンター
最近のお気に入り
FLEETWOOD MAC "MR. WONDERFUL"


EARTH "EARTH 2 -SPECIAL LOW FREQUENCY VERSION-"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME ONE"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME TWO"


BLUE CHEER "VINCEBUS ERUPTUM"


MELVINS "LYSOL"


SIGH "GALLOWS GALLERY"



伊東美和 「ゾンビ映画大事典」



「悪魔のいけにえ」


「バッド・テイスト」


「愛のむきだし」


「マーターズ」
忍者アナライズ
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]