忍者ブログ
島根県のハードコアパンクバンド、ヤンキー少女、改めSOFT、改めストーナーロックバンドPOSTOVOIのボーカルjunkieの公式ブログ!!!
[134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ha_flyer2.JPG


「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を鑑賞。

庵野秀明はいままで牙を隠していたのだろうか?わたしはテレビシリーズや旧劇場版には何の思い入れもない、と言えば嘘になるが、神格化する気もないしたいした作品だとも思っていない。だからこの「破」もたいして期待せずに観た。

そもそも、なぜまたエヴァンゲリオンを消費する気になったのか。まず、竹熊健太郎先生がブログ「たけくまメモ」において、「恐らく50年後も語り継がれる大傑作になるだろう」とベタ誉めしていたこと。このひとはエヴァンゲリオンには一家言どころか余人の与り知らぬ並々ならぬ思い入れがあり(庵野インタビュー本を作ったこともある)、その氏をしてここまで言わしめているのだから、これはタダゴトではない、と思うだろう。ふたつめに、第一部「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」が、ヤシマ作戦のあたりから急にテレビシリーズとは一線を画すオリジナリティを披瀝しはじめ、しかも作品として普通におもしろかったこと。「破」がこのテンションを更に加速させていれば、これ以上におもしろい映画になっているはずだ。そして最後に、「序」の予告で衝撃を与えた新キャラクター、真希波・マリ・イラストリアス。当初、この「ヱヴァンゲリヲン」はスタジオ・カラーの第1弾プロジェクトとして、リスクヘッジが容易な安全パイとして虎の子のエヴァンゲリオンを焼き直すことを選択した、という庵野秀明の「逃げ」である、という見方があった。しかし、ここに来て新キャラクター。庵野秀明がエヴァンゲリオンを確実に虐殺する覚悟でいることをわたしは直感した。

以上の理由で劇場に足を運んだわけだが、観終わってからしばらく呆然としているしかなかった。これほど観客が静まり返り、荘重な余韻に包まれる映画も珍しい。いまここで観てきたものは、いったい何だったのか?我々はいま、歴史の重要な分岐点になりうる大事故を目撃したのではないのか?・・・只ならぬ空気がしばらく消えることなく沈滞し、帰途についてもなお褪色することがない。圧倒的な轟音と流麗な描線で射出形成されたあの禍々しい構造物を頭の中で整理しようとしても、うまい言葉が見つかりそうもない。ここで何を言っても無駄になりそうな気がする。脳が弛緩してうまく働かない。しかし、これだけは確実に言える。
この「破」は、日本アニメの歴史を塗り替えるとんでもない傑作である。


エヴァンゲリオンのことを最初に知ったのは小学三年生の秋ぐらいだったか。図書館で早川書房のSFマガジンを読んでいたら特集記事が載っていて、「こういうアニメがあるのか」くらいにしか思わなかったが、そのタームの独特な音韻といい貞本義行の天才的なキャラクター造形美といい、少なからず鮮烈な印象を残した。この作品はわりとブロックバスター的な広告戦略を打ち出して多角的なメディアに浸透していたように記憶しているが、とにかく自分にとってはそれが最初の邂逅だった。GAINAXという連中が仕組んだ巧妙なマインド・コントロールに玩弄されるのはそれから程なくして、テレビアニメを実際に観るようになってからだ。

確か三年生の間か四年生になるかならないかの間、島根県では毎週火曜日の夕方4時から放送していた。自分が観たのは第2話からだ。まず、その圧倒的な「わけのわからなさ」に愕然とした。自分がいままで観てきたどのテレビアニメとも違う感触、壮絶なまでの禍々しさがそこに瀰漫していたのだ。そして自分がいままで消費してきたキャラクター・マーチャンダイズとは決定的に異なるキャラクター造形。そこで動いているのはマンガの絵でありながら、いままで見てきたどのキャラクターよりもリアリティがあり、理路整然とした描線を備えていた。とにかくすべてが自分にとって斬新だった。それ以来、毎週火曜日がたまらなく楽しみになって、リアルタイムでほぼ全話を視聴した。

この頃、自分を中心にエヴァンゲリオンを熱狂的に愛するサークルのようなものが勃興して、四六時中エヴァンゲリオンの話題について話し合うようになった。それまでゲームやサッカーやバスケに明け暮れていた自分たちのグループが瞬く間に豹変した。アリオンにバックナンバーを借りに行って全話をチェックしたのはもちろん、プラモデルも買ったし関連本も乱読したし、とにかく自分の半径5メートル以内のグループはまるごとGAINAXに汚染されていたように記憶している。つまり、ハマっていたのだ。小学四年生の頃、知的好奇心の対象は常にエヴァンゲリオンだった。それは四年生が終わってコミュニティが一度解散し五年生として再編成されるまでつづいた。熱に浮かされたようなエヴァンゲリオン禍はその後、五年生にあがって同好の友人たちと疎遠になったことと、もうひとつは「飽きてきた」こともあって自然消滅していく。

それから以降は、自分はエヴァンゲリオンと急速に距離を置いていく。そもそもテレビ版の終盤の投げやりさには辟易としていたし、それを何か神聖なものとして祭り上げる狂信的な風潮にも疑問を持っていた。「世界の中心でアイを叫んだけもの」の元ネタがハーラン・エリスンのSF小説であったことから、自分の興味はより始原的なもの、フィリップ・K・ディックやアーサー・C・クラークやレイ・ブラッドベリへと接近するようになり、サム・ライミやポール・バーホーベンに傾倒してアニメよりも映画の方が好きになっていった。小学五年生くらいのときに押井守の「機動警察パトレイバー2」を観て驚異的な衝撃を受けた。エヴァンゲリオンはもはや忘却のかなた、名実ともに「卒業」していた。

とはいえその後エヴァンゲリオンは冨野由悠季のガンダムと同じような階位に上り詰め、サブカルチャーにひとつの学閥を築き上げてしまった。忘れられることなく、強度を持ったアイコンとして生き残り、逆に肥大化していったのだ。それでもみんなが良いというものは否定したい性分だし、BUMP OF CHICKENが「アルエ」という曲を作ったときはさすがに反吐が出る気分だった。「あんなしょうもないもの」、という感じで見下していた。大塚英志が「オタクの精神史」の中で、エヴァンゲリオンについて「オタク」をターゲットにしたキャラクター・ビジネスとそれを盲信する消費者たち全員を徹底的に愚弄したことに意義があったのだ、と書いてあって、自分もそれには納得できた。エヴァンゲリオンは現象として巨大過ぎるが、それが故に作品として過大評価されている部分がある。しかし、その歴史的な価値、特に日本アニメの文化的出自と現在に至る享受と消費に対するデコンストラクションを行ったという意味で価値があることは否定できない。竹熊健太郎氏も「作品云々よりも、プロデューサーとスポンサーをだまくらかして爆弾を作ってしまった一種の"芸術的テロ行為"としてこそ価値がある」という風に言っておられた。自分もそういうスタンスだった。宮村優子が「気持ち悪い」と言った。誰に対して?我々に対して。それだけで意義がある作品であり、そしてそれ以下でも以上でもないと。そう思っていた。
少なくとも、テレビアニメ版と旧劇場版を観る限りでは。


とりあえず、今回の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」は、そうした個人的な心象をすべてことごとく塗り替えてしまった。
いや、この「ヱヴァンゲリヲン」はヱヴァであってエヴァではないのだ。わたしがエヴァに対して抱いてきた心象は間違っていない。ただ、このヱヴァが素晴らしすぎるだけだ。碇シンジがダダをこねたり愚痴をこぼすことに感情移入してはならないし、そこに哲学的な意味を求めても何も意味はない。エヴァンゲリオン以降、日本アニメはその部分を注視し過ぎてやたら衒学的になり、クソおもしろくもないゴミを濫造することとなったが、当然、「破」の優れている部分は他にある。


まず、エンタテインメントとしての驚異的な完成度だ。ここで描かれるのは完全なるスペクタクル。都市が吹っ飛ぶのは当たり前として、モブ・シーンもあるし弾幕は多いし、いかがわしい形状のロボットが盛大に飛んだり跳ねたりしてヒプノシスのジャケットに描かれているようなサイケデリックなデザインの使徒たちとケンカして腕とか頭とか上半身とかがもげちゃったりするんだから、これはもう本多・円谷時代の東宝特撮のリバイバルと言っても良い。「うぉりゃああああああ」と景気よくドンパチしてありとあらゆるモノをブッ壊す。バスター・キートンのアクション性、エリッヒ・フォン・シュトロハイムのメガロマニアック、スティーヴン・スピルバーグのリズム感と狂気、ピーター・ジャクソンの物量作戦、いままで映画史はさまざまなスペクタクルを仮構してきたが、スペクタクルを「モノがいかにして壊れるか、そのダイナミズムを臨床的に所見してゆく営為」であるとするならば、本作がその歴史の正嫡であると言って何の間違いがあるだろうか?
本作はまさに究極のエンタテインメントなのだ。

内容に関しては、まず、厳重な緘口令が敷かれている。パンフレットには再三再四「映画を観る前に読むな!」と警句が踊り、厳重に袋とじされている。それには理由がある。ほんとうに、特にテレビ版や旧劇場版を擦り切れるほど観てきた世代にとってはある意味で、まあ・・・・・とにかくすごい。テレビシリーズに慣れ親しんできたファンにとっては確実に落涙することは必至だ。わたしはそこまで思い入れはなかったので泣かなかったが、しかし、三号機がアレする場面では思わず死にかけた。わたしはエヴァンゲリオンが好きだったのではなく、貞本義行のあの絵が好きだったのだ。それが目の前で虐殺され蹂躙される。そう考えるとこの映画は涙なしでは観られない。

究極のバカ映画として充分に優れている、という点も忘れてはならない。バカというのはものすごいことを表すスラングであり、バカ映画であることは即ち優れた映画であることに他ならない。本作では、テレビシリーズや旧劇場版と比べて、バカ度とエロ度が数億倍増幅されている。信じられないくらいに壮絶にバカ炸裂の映像のオンパレードで、素晴らしいまでにエロだ。製作者たちは病気ではないのか?とその正気を疑うほどに女性キャラクターがみなことごとくエロい。最高だ。これはかつて庵野秀明が宮村優子に「気持ち悪い」と言わせることで昇華してきたデコンストラクションとは別のアプローチ、もっとも効率的な解体のやり方だ。

 

そして、テレビシリーズと旧劇場版を含めた壮大なコンセプチュアル・アートの末端として見た場合、「コンセプトを大きく逸脱する」というデコンストラクションを可能にする「作品の世界観の外挿」、という複雑な重層性を持っていること。恐らく本作がその強度をもっとも効果的に顕在化させるのは、エヴァンゲリオン・サーガという壮大なタペストリーを前提としてその表層を内部から切り裂いていくようなダイナミズムとして本作を定位させたときであり、そうすることで初めて「破」の究極のエンタテインメント映画、究極のバカ映画としての側面が有機的に機能する。本作はエンタテインメント性とバカ映画性が渾然一体となって凄まじいスピードでめまぐるしく変転していく。1シーンが短く、バナナの叩き売り、包丁の微塵切りのように次々と場面が消費されていく。何の予備知識もなく一本の映画として純粋に見た場合は、本作はその意味で明らかに落第だが、コンセプチュアル・アートの末端の畸形として見ればその意義が正反対のものになる。押井守も宮崎駿もみんなここで失敗してきた。アニメをアニメとは別のコンテクストで解体し、文学性などといった高次の意味を付与しなければ作品を成立させることができなかったが、それは余計な大仰さで作品の外壁を肥大化させることになり、アニメとしての存在意義を放擲していた。しかし、庵野は連綿とコンテクストを作品の外部に築き上げ、その土台で私小説的に映画を製作することでその旧弊を脱することに成功したのだ。世界観をあらかじめ外挿することで、作品単体の自由度を高め、それがなおかつ破綻することなく律動的に機能すること。真の意味でアニメ的なアニメを作ることに成功した、という意味で庵野秀明は宮崎駿すら超えてしまったのかもしれない。

庵野秀明はずっと、これがやりたかったのではないか。深山幽谷なコンセプチュアル・アートを精緻に構築しながら、それを極限まで作り上げた状態でドラスティックに破壊し、そしてそれによって真の意味でアニメ的なアニメを作る行為を。
まさしく、この映画は真にアニメ的なアニメだ。消費され、使い捨ての文化として発展してきたアニメのそのもっとも醜悪で粗悪な視座から俯瞰された真実に忠実に、壮大なコンセプトを援用して存立の根拠、世界観をあらかじめ付与することで使い捨てのエンタテインメント、使い捨てのバカ映画をひとつの作品として佇立させることに成功している。その意味でこの「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」は日本アニメにとってのメルヴィンズでありアースであると云える。かつて彼はオタク産業とその消費者たちを徹底的にバカにし尽くしたが、今度はサブカルチャーをアカデミックに敷衍しようとするすべての言論にケンカを売っている。究極のエンタテインメント、究極のバカ映画をもって、「おまえたちがどんなにゴタクを並べようが、おれがやりたいのはこういうしょうもないものであって、けっして崇高なものなんかではない!」と、真っ向からアンチテーゼを叩きつけている。カッコいい!本作のエンド・クレジットで流れていたのは宇多田ヒカルの「Beautiful World」だったが、わたしにはアースの「Special Low Frequency Version」の轟音がとどろいているように聴こえた。

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
junkie uses Twitter

最新コメント
[09/20 Sarah Carlson]
[09/15 nike kaishi size 5 5]
[08/27 Sarah Carlson]
[08/12 Ann Weaver]
[07/13 Ann Weaver]
最新トラックバック
(12/18)
バーコード
プロフィール
HN:
junkie
性別:
男性
自己紹介:
島根県のハードコアバンド、ヤンキー少女改め、SOFT、改め爽やかJ-POPデスメタルバンドPOSTOVOIのギター・ボーカルです。

バンドとは別にソロプロジェクトとして、チップチューン・デス・メタルを追求するF.O.D(Fuck or Die)をはじめました。MySpace

メールはこちら
ブログ内検索
カウンター
カウンター
最近のお気に入り
FLEETWOOD MAC "MR. WONDERFUL"


EARTH "EARTH 2 -SPECIAL LOW FREQUENCY VERSION-"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME ONE"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME TWO"


BLUE CHEER "VINCEBUS ERUPTUM"


MELVINS "LYSOL"


SIGH "GALLOWS GALLERY"



伊東美和 「ゾンビ映画大事典」



「悪魔のいけにえ」


「バッド・テイスト」


「愛のむきだし」


「マーターズ」
忍者アナライズ
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]