忍者ブログ
島根県のハードコアパンクバンド、ヤンキー少女、改めSOFT、改めストーナーロックバンドPOSTOVOIのボーカルjunkieの公式ブログ!!!
[160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

hellboy_ii.JPG
「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」(Hellboy II : The Golden Army)


天才ギレルモ・デル・トロのとんでもない傑作。「デビルズ・バックボーン」と並ぶ彼の最高傑作であるばかりでなく、アメコミスーパーヒーロー映画のカテゴリーの中でも、最高の部類に入る作品。前作をヘッポコな凡作に終らせた総てのダメ要素を見事に改善、ゲテモノヒーロー映画のひとつのスタンダードとして確かな強度を持って屹立するひとつの金字塔である。


何がそんなに良かったか。
 

まず、前作の主要登場人物のひとりでありながら「何のために出てきたのか意味不明」状態に陥っていたマイヤーズ捜査官を南極に左遷。本作には一秒も登場しない(笑)。
 
次に、やはり前作の主要登場人物のひとりでありながら同様に「何のために出てきたのか意味不明」状態に陥っていた半魚人・エイブが今作では獅子奮迅の大活躍。といっても重要なところで足引っ張ってるだけなんだが(笑)、見事にキャラ立ちに成功した。

また前作では自重気味だったクリーチャーや怪獣が今回はいっぱい出てくる。ヨハン・クラウスの造形の奇抜さも素晴らしいし、森の精やゴールデン・アーミーのVFXにはボンクラ魂が燃え上がること、間違いなし!
 
そしてやっぱり脚本が圧倒的に面白い。前作のメインテーマだった「化け物の庶民的恋愛」が今作では更に深耕され、冒頭から妊娠検査薬の陽性反応見てリズがマタニティ・ブルーになり、エイブはエルフ族の女王に片思いの挙句彼女に捧げるラブソングを部屋で練習すなど従来のヒーロー映画の常識をはるかに逸脱した狂気に満ちたハイテンションで一気に駆け抜ける。やはりギレルモ・デル・トロは才人だと思う。最後のオチもエスプリが利いていて良い。

あとはVFXがやはり素晴らしい。市街地を蹂躙する森の精はもちろん、ゴールデン・アーミーのカッコよさ、「ロード・オブ・ザ・リング」と「スターウォーズ」を足して2で割って2乗したようなトロール・マーケットのシークェンスにおけるセンス・オブ・ワンダー、そしてジョン・ハートが少年時代のヘルボーイにゴールデン・アーミーの昔話を聞かせる場面で挿入される長尺のパペトゥーンなど、ワンダーに満ち満ちた特殊効果が全編に渡り横溢する。

 
そして極めつけは泥酔状態でバリー・マニロウを合唱しながら恋愛を語るヘルボーイと半魚人という、史上かつてない発狂してしまうような頭グルグル映像だろうか。いったいどうしたらこんな脳ミソがネジ曲がったような話を思いつけるのか?あと、セルマ・ブレアかわいいですよ!!!
 
そんなこんな含めて超絶に素晴らしいゲテモノヒーロー映画の傑作。控えめに言って全人類必見。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
いつも思うが。。。
長い!!



濃い!!
なかむー 2010/01/23(Sat)09:23:02 編集
無題
あー、やっぱり長文なのかねぇ。

でも「今日○○した。××だった。」とかの短めの雑感はツイッタで書けるしさあ、やっぱりブログの方はじっくり読み応えのある文章を書くのに最適なメディアだと思うのですよ。

まああんまり長くなりすぎるのも考えものだけどねん。。。

個人的には「長くて重いけど、読み応えのあるもの」を目指して更新しているのですよ。ご了承くださいませませ。
ジャンキー 2010/01/23(Sat)14:22:05 編集
無題
わかるよ、だから誉め言葉だ。オレには書けん(笑)
なかむー 2010/01/26(Tue)17:50:56 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Twitter
junkie uses Twitter

最新コメント
[12/08 Alice Lowe]
[10/30 ブランドコピー]
[10/09 Dianne Bennett]
[09/09 Shana Marley]
[08/16 Targeted website visitors]
最新記事
最新トラックバック
(12/18)
バーコード
プロフィール
HN:
junkie
性別:
男性
自己紹介:
島根県のハードコアバンド、ヤンキー少女改め、SOFT、改め爽やかJ-POPデスメタルバンドPOSTOVOIのギター・ボーカルです。

バンドとは別にソロプロジェクトとして、チップチューン・デス・メタルを追求するF.O.D(Fuck or Die)をはじめました。MySpace

メールはこちら
ブログ内検索
カウンター
カウンター
最近のお気に入り
FLEETWOOD MAC "MR. WONDERFUL"


EARTH "EARTH 2 -SPECIAL LOW FREQUENCY VERSION-"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME ONE"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME TWO"


BLUE CHEER "VINCEBUS ERUPTUM"


MELVINS "LYSOL"


SIGH "GALLOWS GALLERY"



伊東美和 「ゾンビ映画大事典」



「悪魔のいけにえ」


「バッド・テイスト」


「愛のむきだし」


「マーターズ」
忍者アナライズ
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]