忍者ブログ
島根県のハードコアパンクバンド、ヤンキー少女、改めSOFT、改めストーナーロックバンドPOSTOVOIのボーカルjunkieの公式ブログ!!!
[37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27

der_untergang.JPG感想:女とはつくづくシニシズムの生き物であることだよ。
(ここでいう「女」とは生物学的な性別を表すものでは、必ずしも、ない)

この映画は、表題どおりを期待すると何か違う映画だが、しかしそれ以上の何かを投擲する映画である。
「ヒトラー 最期の12日間」というよりも、「第三帝国最期の12日間」、「ドイツ国民最期の日」、もしくは「ゲルマン女一代記!!!」、もっと言えば「アメリカ人がぜったいに作れない戦争映画」でも良い(これに日本人も、を付け加えてもよい)。少なくとも、ヒトラーの遍歴ではなく、ドイツ人の魂の遍歴を描こうとしたことに関する建設的な労苦に敬意を表さねばならない。ちなみに、わが国でのキャッチコピーは「ブルーノ・ガンツのヒトラー映画」。うーん。
(原題は「DER UNTERGANG」、英語表記は「DOWNFALL」。)

こういう映画に門外漢が何を言っても戯言である。シュペーアやゲーリングがなんとも言えないそっくりさん、という至極どうでもいい(ほんとにどうでもいい)感慨について述べるに終始してしまう。それでも何か言うなら、上に挙げた雑感と、そして「イイ顔」の女たちである。ユンゲ役もそうだが、ゲッペルス夫人やエヴァを演じる役者があまりにも「イイ顔」過ぎる。みな適度にセクシャルで、適度にビッチで、そして適度にヒステリックである。生物学的な性別ではなく、あくまで「女性」という概念を突き詰めるならば、ああいう「顔」がいちばん適しているような気がする。もちろん、アプリオリな「顔」ではなく、何を取捨し何を背負ってきたか、ということの腫瘍、外傷としての「顔」の話である。ほんとに、ゲッペルス夫人の冷酷なまでの高貴と、そして脆弱。ふだん我々が「日常」と呼ぶものが、そういったことを夙に隠蔽してきた営みであるならば、そんなものはてんで間違いだ、と言ってしまった方が良い気もする。いや、言い切ってしまえ。「ホラ、ホラ、オマエノ番ダ」、と。

あの「顔」ができないようなら、どんな文化も善意もパンクもウソッパチである。ちゃんちゃらおかしい。

しかし、そうした悲劇は、受け継がれていったのだろうか。私はこんなところで何をしているのだろう。



バンド名、個人的にはSOFTが良い。

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
はじめまして
さっそくブログ訪問に来させてもらいました。まだざっとしか目を通していないのですが、怒りと鬱屈ではちきれんばかりの素晴らしいブログですね。

今思うとこのヒトラー映画は「ナチスがんばれ!負けるな!」という気分を自然と観客に沸き起こさせる悪魔的な娯楽映画だった気がします。実際、ナチスがイケイケで何もかも乗り切ってたら日本も今頃いい目にあってた(つーか領土が多かった)かもしれませんね。普通にちょくちょく裏切られてた可能性もありますが。ナチスと日本が最も仲の良かった頃に寿命か何かで絶命した日本人の記憶には「ナチス」=「頼もしい味方」でしかないと思うので、その視点で映画を一本撮って欲しいものです。
tanaka URL 2007/10/29(Mon)12:10:50 編集
無題
tanakaさん・・・一生ついていきます。
ジャンキー 2007/10/30(Tue)00:11:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Twitter
junkie uses Twitter

最新コメント
[07/15 Targeted website visitors]
[06/29 Amber Stevens]
[06/21 Amber Stevens]
[06/09 Amber Stevens]
[10/27 Sandra]
最新トラックバック
(12/18)
バーコード
プロフィール
HN:
junkie
性別:
男性
自己紹介:
島根県のハードコアバンド、ヤンキー少女改め、SOFT、改め爽やかJ-POPデスメタルバンドPOSTOVOIのギター・ボーカルです。

バンドとは別にソロプロジェクトとして、チップチューン・デス・メタルを追求するF.O.D(Fuck or Die)をはじめました。MySpace

メールはこちら
ブログ内検索
カウンター
カウンター
最近のお気に入り
FLEETWOOD MAC "MR. WONDERFUL"


EARTH "EARTH 2 -SPECIAL LOW FREQUENCY VERSION-"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME ONE"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME TWO"


BLUE CHEER "VINCEBUS ERUPTUM"


MELVINS "LYSOL"


SIGH "GALLOWS GALLERY"



伊東美和 「ゾンビ映画大事典」



「悪魔のいけにえ」


「バッド・テイスト」


「愛のむきだし」


「マーターズ」
忍者アナライズ
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]