忍者ブログ
島根県のハードコアパンクバンド、ヤンキー少女、改めSOFT、改めストーナーロックバンドPOSTOVOIのボーカルjunkieの公式ブログ!!!
[165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

突然ですが、大阪に行ってきます。偉大なる先輩・Y内さんの率いるJUGEM PICO FUNCLUBと対バンするのです。詳細は以下になります。

3/7 @千日前トライブ
ポップスター症候群(しんどろーむ)
adv 1500 / door 2000
open 18:00 / start 18:30

出演:
JUGEM PICO FUNCLUB
KANKUS
マリワナマリア
The Picaro
POSTOVOI (他)
 



初めての県外ライヴ!わくわく。
それに合わせてホームページの方も模様替えしました。OVERKILL OSAKA !


あと、youtubeにも動画を載せています!!!(http://www.youtube.com/watch?v=EQj-VAqTC58
去年12月の軽音楽部定期演奏会の一幕を収めた短いものですが、これがPOSTOVOIがネット上に公表するはじめての音源になります。是非ご一聴ください!



この動画で特筆すべきは、まず楽団の首魁としてフロントマンを努めますわたくし・ジャンキーの凄絶なまでの腰パン具合ではないでしょうか。しかも露出しているのはパンツではなく、ヒートテック(UNIQLO)です。腰パンの真髄をご堪能ください。
そして、もっとも注目すべきは、ITO O)))ちゃんのギターの演奏技術が思いのほか素晴らしいこと。これはお世辞でもなんでもなく、動画を観ての率直な感想です。終盤のジャズマスターの暴れぶりが良いアクセントとなって全体を締め上げています。ITO O)))ちゃんの意外な技量をうかがい知ることの出来る、貴重な映像資料だと云えるのではないでしょうか。

定演の演奏はわりと好評で、映像としてもキチンと残存しているので、近いうちに総ての動画をyoutubeにアップできればと思っています。ご期待ください。




・・・さて、先日、広島に行ってきました。ITO O)))ちゃんと、音楽喫茶ヲルガン座に灰野敬二のライヴを観に行ったのです。ライヴの方は、・・・途中、五回くらい寝てしまいました(笑)。ていうか休憩なしでノンストップで椅子に座りながら2時間もノイズ浴を堪能するのはなんていうか拷問に近いので、おれみたいな超にわかノイズリスナーには敷居が高すぎました。他方で、松江市のゴッド・オブ・ノイズとして山陰の音楽シーンに新風を巻き起こしている我が盟友ITO O)))は充分に楽しんでいたようです。しかもこの男、ライヴが終ったあとちゃっかりと灰野氏と対座して握手とかしちゃってるのでした!ふふふ、抜け目のない男です。ていうか、ITO O)))ちゃんの行動力の高さには頭が下がります。そういえば去年、岡山にACID MOTHERS TEMPLEを観に行ったときにも、彼はバンドメンバーと写メールを撮ることに成功していました。すげぇです。
ま、おれもそのときはKINSKIのギターとフルートを担当しているMatthew Reid Schwartz氏とツーショット撮りましたけど。
「キャキャキャキャンナイテイクアピクチャア、ウィズユゥー・・・・・?(´Д  ` ;) 」
SURE ! ! !(^O^)
と、二つ返事で快諾して撮らせて頂いたのです。怪しい日本人のメガネの大学生がブロークン・イングリッシュで携帯を片手に突然やって来たというのに、しかもライヴの後で疲れているというのに、快く満面の笑顔で応じてくれたSchwartz氏。ファンサービスの真髄を見た気がしました。あの写真、宝物だなぁ。


suichu_joe.JPG
それで、まあ、自分はやっぱり高純度のピュア・ノイズには向いていないんじゃないかなぁ、という思いがこのライヴを観てより強くなったように感じるのです。POSTOVOIの前進のSOFTはノイズ・バンドだったし、ソロでやっているF.O.D(Fuck or Die)もノイズに近いし、そもそもノイズの方法論や哲学は大好きなはずなんですが、それをメインディッシュに持ってきたものを賜餐するとつい食傷気味になってしまうのです。JOJO広重氏含め、多くの論客が惜しみない賛辞を送り激賞する想い出波止場の「水中JOE」も、おれにはピンと来ないんですよ。でも、Sunn O)))とかEarthとかはぜんぜん平気だったりします。なぜでしょうか。物販で買ったAmbarchi/O'Rourke/Hainoの「Tima Formosa」をヒントに、もうすこしこの問題を深耕してみようと思います。


まあとにかく、何回か昏倒しましたけども(笑)2000円以上の価値のあるライヴでしたよ。
しかし灰野氏はどのようにしてあの般若心経ボイスを出していたんでしょうか???マイクの方にも若干エフェクターが噛ましてありましたけども。


それでは、大阪に行って参ります!!!近況はTwitterの方にちょこちょこ書くつもりです。
Twitter(携帯)http://twtr.jp/user/junkie_at_soft?guid=ON
Twitter(PC) http://twitter.com/junkie_at_soft



OVERKILL OSAKA!!!!!!!!
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Twitter
junkie uses Twitter

最新コメント
[10/27 Sandra]
[10/15 ブランドコピー]
[10/13 Andrea Gibson]
[09/28 偽ブランド 通販]
[09/27 Sarah Carlson]
最新トラックバック
(12/18)
バーコード
プロフィール
HN:
junkie
性別:
男性
自己紹介:
島根県のハードコアバンド、ヤンキー少女改め、SOFT、改め爽やかJ-POPデスメタルバンドPOSTOVOIのギター・ボーカルです。

バンドとは別にソロプロジェクトとして、チップチューン・デス・メタルを追求するF.O.D(Fuck or Die)をはじめました。MySpace

メールはこちら
ブログ内検索
カウンター
カウンター
最近のお気に入り
FLEETWOOD MAC "MR. WONDERFUL"


EARTH "EARTH 2 -SPECIAL LOW FREQUENCY VERSION-"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME ONE"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME TWO"


BLUE CHEER "VINCEBUS ERUPTUM"


MELVINS "LYSOL"


SIGH "GALLOWS GALLERY"



伊東美和 「ゾンビ映画大事典」



「悪魔のいけにえ」


「バッド・テイスト」


「愛のむきだし」


「マーターズ」
忍者アナライズ
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]