忍者ブログ
島根県のハードコアパンクバンド、ヤンキー少女、改めSOFT、改めストーナーロックバンドPOSTOVOIのボーカルjunkieの公式ブログ!!!
[155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

teien_themachinehead_combined.JPG

明日は定期演奏会です。自分としては最後の定演なのでいろいろ思うところもありますが、とりあえずはメンバーやローディーと力を合わせて悔いの残らない演奏をするのみです。なんか雪が降るそうですが、ヒートテック上下で着れば大乗仏教!!!

それでは、出演する8バンドをざっとプレビューしようと思います。

1 ブロッコリーマヨネーズ(Lunkheadのコピー)
smap.JPG
もはや説明不要、今回の出演者の中で最古参の老舗バンドです。メンバーが一回生の頃に結成、そんな彼らもぼくらもいつしか四回生・・・。紆余曲折を経て定演という大輪の花を咲かせます。聴き所は、終盤で披露される四人のコーラスだと思います。涙なしでは聴けない!

2 POSTOVOI (オリジナル)
hamburgerfest3.JPG
もはや説明不要、今回の出演者の中で最低最悪の鬼畜バンドです。中心人物のJunkieとONITAとITO O)))が三回生の頃に無理やり当時二回生のJOE-DIEを引きずり込んでバンド結成、紆余曲折を経て定演という大輪の花を咲かせます。地味に二回連続出場だったりしますが、誰も覚えていないのでは・・・。聴き所は、幸福の科学を徹底的に糾弾した「Buddha Saitan」です。笑いなしでは聴けない!

3 はまぐり仙人(Red Hot Chili Peppersのコピー)
finalfight.JPG
もはや説明不要、今回の出演者の中で最強最善のバカテクバンドです。腕に覚えのある手練が結集し、四者四様の変態プレイが極上のハーモニーをかもし出します。まさに島大軽音を代表するにふさわしいバンドであると言えます。聴き所は、正直、全部ではないでしょうか。というのも、順番の都合上わたしは観ることができないので、何とも言えないのです。興奮せずには聴けない!

4 ヤンバルクイナ (Singer Songerのコピー)
x.JPG
もはや説明不要、今回の出演者の中で最良最高の爽やかJ-POPハードコアパンクバンドです!こちらもメンバー全員うまいです。総てのポジションが手堅く補強されており、非の打ち所のないスペクタクル・フットボールをするチームに仕上がっています。特に聴き所は、若衆スズキックスのベースではないでしょうか。曲間のMCの絶妙な間合いを楽しむのも一興では。感動せずには聴けない!

5 純情ニーソa.k.aサイケデリック・ストロベリー(オリジナル)
musuka.JPG
もはや説明不要、今回の出演者の中でも最多のライヴ本数を誇る絶賛売出し中の筋肉J-POPシルベスター・スタローン・バンドです。このバンドを支えているのは一にも二にもN野くんの凄まじいベース・プレイです。ベーアンが壊れたらきっと彼が補償してくれるものと私は確信しております。彼らをトリにしなかったのは、きっと最後に回したら楽器総てを破壊してしまうからだと思います。それくらい彼らのステージングは凄まじいです。ただ、ハードコアな演奏とは裏腹にS倉氏がつむぐ歌詞は意外と乙女チックです。そのギャップを楽しめれば、しめたものですぞ。

 6 小春日和(椿屋四重奏のコピー)
ratherface.JPG
もはや説明不要、今回の出演者の中でも最もセクシーなシティ・ポップスを聴かせる本格AORバンドです。聴き所は、ツインギターの絡み合いです。圧倒的なテクニックに裏打ちされた魅惑のアンサンブルに、ここは素直に酔いしれましょう。インフルエンザ禍に倒れながらも不死鳥の如く復活したバンドとしても、ポイント高し。普通にうますぎて感動してしまい、この時点でたいていの人はPOSTOVOIとかは忘却の彼方になってしまいます。というかあまりにもセクシーすぎて、やわな奴がうっかり聴いてしまうと妊娠してしまうかもしれません。要チェックだぜ!!!

7 Sound Portrait (オリジナル)
daijiman.JPG
もはや説明不要、前人未到、天衣無縫・・・。まさに驚天動地の天変地異バンドであります。演奏技術やルックスはもちろん、純粋に楽曲のクオリティが高いのでかなりイケます。当日は会場に凄まじい数のモッシュピットが発生し、観客を巻き込んで「おーつきーさーまーよーー」の大合唱が巻き起こること間違いなし!やわな奴がうっかり聴いてしまうとヘッドバングのし過ぎで首がもげてしまうかもしれません。要注意だぜ!!!

8 軽音オールスターズ
venom.JPG
もはや説明不要、毎年恒例の一回生による焦土作戦バンドです。今年の課題曲は、今年急逝したスーパースターのあのメガヒット曲です。・・・というとDickie Petersonを思い浮かべますね。みんなで「Summertime Blues」を轟音カヴァー!!!いいですねー。でも違います!!!ということは、もう何なのかおわかりですね。当日はみんなで月面を歩行しましょう!!!ファオッ!!!




これでもう予習はバッチリですね!それでは明日、会場で。

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
不要のくせに説明長っ!!
linkありがとう♪
なかむー 2009/12/23(Wed)02:41:12 編集
無題
シャランラ☆
ジャンキー 2009/12/23(Wed)18:55:20 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Twitter
junkie uses Twitter

最新コメント
[10/27 Sandra]
[10/15 ブランドコピー]
[10/13 Andrea Gibson]
[09/28 偽ブランド 通販]
[09/27 Sarah Carlson]
最新トラックバック
(12/18)
バーコード
プロフィール
HN:
junkie
性別:
男性
自己紹介:
島根県のハードコアバンド、ヤンキー少女改め、SOFT、改め爽やかJ-POPデスメタルバンドPOSTOVOIのギター・ボーカルです。

バンドとは別にソロプロジェクトとして、チップチューン・デス・メタルを追求するF.O.D(Fuck or Die)をはじめました。MySpace

メールはこちら
ブログ内検索
カウンター
カウンター
最近のお気に入り
FLEETWOOD MAC "MR. WONDERFUL"


EARTH "EARTH 2 -SPECIAL LOW FREQUENCY VERSION-"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME ONE"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME TWO"


BLUE CHEER "VINCEBUS ERUPTUM"


MELVINS "LYSOL"


SIGH "GALLOWS GALLERY"



伊東美和 「ゾンビ映画大事典」



「悪魔のいけにえ」


「バッド・テイスト」


「愛のむきだし」


「マーターズ」
忍者アナライズ
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]