忍者ブログ
島根県のハードコアパンクバンド、ヤンキー少女、改めSOFT、改めストーナーロックバンドPOSTOVOIのボーカルjunkieの公式ブログ!!!
[24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

P506iC0016253330.jpg









このエントリーは直前のと内容的につながっています。珍しいね、連続もの。あと、重大なネタバレを含むので「漂流教室」未読の方はご注意ください!!!




実は、「ロング・ラブレター」に関しては、楳図かずお先生がドラマ化に際して「ユウちゃんが現代に帰ってくる場面だけは残して欲しい」と要望されていたらしい、という話が残っている(出典、どこだったっけ、ユリイカか?)。結局、それは実現しなかったわけだが。
このユウちゃんが現代に帰ってくるという展開は、初見の折は少し不満だったのだ。何というか、翔たちが帰らないなりにバッドエンドで徹底してほしかった感じがしていた中学三年生の春だったのだ。というか、未だに曖昧な場面がある。ユウちゃんが現代に帰ってきて、老婆と話する。そこで、老婆が「なんだろね、あの子・・・」とぽつりと言う。このせりふが妙に違和感があるのだ。まるで物語上の起伏を示す腫瘍のように。ユウちゃんは翔の母親と会って翔の日記を手渡すが、その重要なシーンのあとで登場するこのせりふが妙なつっかかりを残す。ひょっとして、ユウちゃんは現代に帰ったんじゃなかったのではないか?作中、少しだけ出てきたユウちゃんのお母さんと、ひょっとして会うことはできなかったのではないか?会ったとしてもユウちゃんとは気付けないのではないか?そう、おれはユウちゃんがタイムスリップより何年かあとの少しズレたタイミングで現代に帰還したのだと考えたのだ。でも、いま確認のため読みかえしてみたらただの勘違いだった。杞憂ね!物語的にももうひとひねり加えるところじゃない。

しかし、やっぱりユウちゃんを帰して正解だったと思うね。誰も帰らないバッドエンドよりももしかしたら残酷かもしれないからだ。「ロング・ラブレター」は結局、なんか浅海くんと結花さんが違う未来を歩むことだろう、みたいな示唆で終わる。かつての不毛の地も青々とした肥沃な土地へ。でも、それは必ずしも「漂流教室」の終わり方ではない。「漂流教室」はどちらの未来も肯定している。ユウちゃんから手渡された翔の日記が、翔の母に「もう二度と会えない」、「言葉が届かない」ことを明示する。これが何にもまして残酷だ。
思いが相手に伝わらないことより、分かり合ったときのほうがより残酷なの。
翔は翔の、母は母の未来をそれぞれ生きる、それらは互いに衝突することのない並行の未来であり、それぞれを楳図先生は否定しないのだ。どちらにしろ、現実は不飽和で生は救済されることはないし、日常は依然として楽園なんかではあり得ない。
でも、おれたちはそこでしか生きていけないのだ。
それがとっても残酷だ。


写真は、全人類永遠の名盤、ストゥージズの「ファンハウス」をMDに録音したとき、無地だとつまんないのでケースに描いたもの。なんかいいので気に入っている。あ~ファンハウスいいな~。最後のノイズっぽい展開がたまらない。やっぱノイズだよね~。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
junkie uses Twitter

最新コメント
[09/20 Sarah Carlson]
[09/15 nike kaishi size 5 5]
[08/27 Sarah Carlson]
[08/12 Ann Weaver]
[07/13 Ann Weaver]
最新トラックバック
(12/18)
バーコード
プロフィール
HN:
junkie
性別:
男性
自己紹介:
島根県のハードコアバンド、ヤンキー少女改め、SOFT、改め爽やかJ-POPデスメタルバンドPOSTOVOIのギター・ボーカルです。

バンドとは別にソロプロジェクトとして、チップチューン・デス・メタルを追求するF.O.D(Fuck or Die)をはじめました。MySpace

メールはこちら
ブログ内検索
カウンター
カウンター
最近のお気に入り
FLEETWOOD MAC "MR. WONDERFUL"


EARTH "EARTH 2 -SPECIAL LOW FREQUENCY VERSION-"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME ONE"


FLEETWOOD MAC "LIVE IN BOSTON REMASTERED VOLUME TWO"


BLUE CHEER "VINCEBUS ERUPTUM"


MELVINS "LYSOL"


SIGH "GALLOWS GALLERY"



伊東美和 「ゾンビ映画大事典」



「悪魔のいけにえ」


「バッド・テイスト」


「愛のむきだし」


「マーターズ」
忍者アナライズ
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]